<化学毒物スクリーニング検査システム>

L:化学毒物スクリーニング検査システム = {
 t:名称 = 化学毒物スクリーニング検査システム(アイテム)
 t:要点 = 検知器,試薬,検査する人
 t:周辺環境 = 検査室
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *化学毒物スクリーニング検査システムのアイテムカテゴリ = ,,,設置型アイテム。
  *化学毒物スクリーニング検査システムの位置づけ = ,,,{国内政策用アイテム,ショップアイテム}。
  *化学毒物スクリーニング検査システムの取り扱い = ,,,CMS。
  *化学毒物スクリーニング検査システムの販売価格 = ,,,。
  *化学毒物スクリーニング検査システムの設置制限 = ,,,このアイテムは病院またはそれに準じる検査設備を持つ施設にしか設置することができない。
  *化学毒物スクリーニング検査システムの解析能力 = ,,,このアイテムを設置した施設では現場より採取された試料より毒物を解析することができる。
  *化学毒物スクリーニング検査システムの解毒薬作成能力 = ,,,このアイテムを設置した施設に配置されている者は解析結果に基づいて医療判定を行い、解毒薬の作成を試みることができる。この時の難易度は芝村によって決定される。
 }
 t:→次のアイドレス = オートアナライザー?(アイテム),検査センター?(施設),精密検査?(イベント),検査技師?(職業)


解説

アイテムショップで委託販売中。お値段は10マイル。もしくは資金1億=5マイルとして買い求めることも可能。
販売カテゴリはCMSとなっている設置型アイテム。

共和国の食品汚染、そこから始まったマンイーター事件の際に使用された。

毒物の解析・解毒剤製造が行える。
スクリーニングとは「ふるいにかける」、「条件に合うものを選び出す」という意味で、使い方としては毒物簡易検査キット?
有害物質の有無の確認とサンプリング、化学毒物スクリーニング検査システムでサンプルと同じものがあるか解析をし、
発見された場合はその有害物質に対して解毒剤を製造する。

設置は主に病院、もしくはそれに準じる施設にしか設置できないが、病院としての一面を持っていれば持ち家にも設置可能。
また、解毒剤製造には医療判定が発生する。

派生は液体検体の分析を自動で行うアイテムオートアナライザー?、分析に特化してると思われる検査センター?
より詳しく分析する精密検査?、現実では専門職である検査技師?となっている。

(2010/07/22 来須・A・鷹臣)

ギャラリー


派生ルート

所持藩国または所持者

  • [[]]

関連FAQ

  • [[]]

Tag: Central Medical Service
トップに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-23 (日) 22:23:04 (60d)