部品構造

  • 大部品: 鉱山 RD:18 評価値:7
    • 部品: 鉱山とは
    • 大部品: 採鉱 RD:3 評価値:2
      • 部品: 採鉱とは
      • 部品: 露天掘り
      • 部品: 抗道堀り
    • 大部品: 選鉱 RD:5 評価値:3
      • 部品: 選鉱とは
      • 部品: 手選鉱
      • 部品: その他の選鉱法について
      • 部品: 精鉱
      • 部品: 尾鉱
    • 大部品: 精錬 RD:1 評価値:0
      • 部品: 精錬とは
    • 部品: 廃水処理施設の付随
    • 部品: 輸送設備の付随
    • 部品: 警備部の設置
    • 部品: 鉱山の町
    • 部品: 閉山する場合も
    • 部品: 温泉が湧水した場合
    • 部品: 排水器具
    • 部品: 鉱山からの搬出方法

部品定義

部品: 鉱山とは

鉱山とは資源として有用な鉱物を採鉱・選鉱・製錬し、原料として供給する事業を行う場所の事を指す。
広義では鉱物に加えて採石場、石切場などを加えたものが鉱山と言える。

部品: 採鉱とは

採鉱とは鉱山に点在する鉱床から鉱石を採掘する事を指す。この時に採られる方法により、必要とされる装備は異なる。

部品: 露天掘り

資源を掘るために坑道を設けないで地表から順々に掘っていく方法のこと。
鉱床の規模などの条件で異なるが、一般的には地表近くに存在する場合は露天掘りが採用される。

部品: 抗道堀り

地表から坑道を掘り、地表からの採掘が困難な資源を採掘する方法である。
鉱石がある場所まで深度があり、鉱床規模が小さい場合は抗道を堀って補強し、その中で採掘を行うことになる。

部品: 選鉱とは

選鉱とは採鉱して得た鉱石を選別し、有用な鉱石とそうでない鉱石とを選別することを指す。
この時採られる方法は対象の鉱石によって様々である。

部品: 手選鉱

手選鉱とは鉱員の目によって選別する方法のことで、もっとも原始的な選鉱方法である。鉱石部分が目で見てわかるものはいいが、それ以外は別の方法が必要となる。

部品: その他の選鉱法について

鉱石の比重差を用いた比重選鉱、磁性の違いを利用する磁力選鉱、親水性の違いを利用する浮遊選鉱などがある。
魔法的な鉱石の場合、魔力のパターンによる選鉱や、発生する石紋などから判別する選鉱方法などもある。

部品: 精鉱

選鉱で選別された鉱石を精鉱と呼ぶ。ここで選別されたものは次の精錬過程に回されて精錬されることになる。
いわばアタリの鉱石といっても差し支えないだろう。

部品: 尾鉱

選鉱で有用ではないとされた鉱石を尾鉱と呼ぶ。これらは鉱山周辺に廃棄されることが多い。
また、これらの中にも少量ではあるが鉱物資源が含まれていることから、二次的な産業として再利用されることもある。

部品: 精錬とは

精錬とは精鉱を処理して有用な成分を取り出すことを指す。
火力を用いて溶融、揮発させて抽出する乾式精錬と薬品の水溶液を用いて分解抽出する湿式精錬がある。
こうして抽出された成分は成形、冷却されて地金となる。

部品: 廃水処理施設の付随

精錬時に発生する廃水は有毒であることが多く、そのまま流れ出してしまえば公害の原因となりうるため、
廃水処理を行う必要があるため、それらに対応した施設が設置される。

部品: 輸送設備の付随

精錬した地金を流通させるためには輸送を行わなければならない。
そのため、鉱山がある場所にはしっかりとした街道が引かれ、流通に支障をきたさないようになっている。

部品: 警備部の設置

精製された地金は原料としての価値が高い上、資源管理の上での重要性が高い拠点となることから、
鉱山には警備部が設置されている。

部品: 鉱山の町

働き先があり、街道が敷設されているとなれば自ずとその周囲には町が作られる。
人が住めば食糧が必要になり、生活必需品も必要となり、休日の娯楽が必要となる。
こうして町は形作られていくのである。

部品: 閉山する場合も

鉱物資源が枯渇し閉山する場合もあるが、深度が深すぎる、地熱の影響が大きいなどの理由により閉山になる場合もある。

部品: 温泉が湧水した場合

採掘していて温泉が湧水するがある。湯量が多すぎる場合、閉山することになるが、これらの湯を利用して
無害であることが確認されれば温泉施設へ転換が図られ、場合によっては温泉街が形成されることもある。

部品: 排水器具

抗道では地下水が湧水することがある。これらは排水用の器具を用いて排水が行われる。
たとえば、もっとも単純な方法では釣瓶を用いて汲みあげる方法や、寸法樋や水上輪などの器具が用いられた。
ただし発展型の器具が入っていたとしても抗道内での修理は困難を極めるため、釣瓶などによる汲み上げが無くなることはなかった。

部品: 鉱山からの搬出方法

人力や牛馬、軌道、鉄道、トラック、索道などの方法がある。
規模や文明レベル、鉱山の場所によってとられる方法が異なる。

提出書式

 大部品: 鉱山 RD:18 評価値:7
 -部品: 鉱山とは
 -大部品: 採鉱 RD:3 評価値:2
 --部品: 採鉱とは
 --部品: 露天掘り
 --部品: 抗道堀り
 -大部品: 選鉱 RD:5 評価値:3
 --部品: 選鉱とは
 --部品: 手選鉱
 --部品: その他の選鉱法について
 --部品: 精鉱
 --部品: 尾鉱
 -大部品: 精錬 RD:1 評価値:0
 --部品: 精錬とは
 -部品: 廃水処理施設の付随
 -部品: 輸送設備の付随
 -部品: 警備部の設置
 -部品: 鉱山の町
 -部品: 閉山する場合も
 -部品: 温泉が湧水した場合
 -部品: 排水器具
 -部品: 鉱山からの搬出方法
 
 
 部品: 鉱山とは
 鉱山とは資源として有用な鉱物を採鉱・選鉱・製錬し、原料として供給する事業を行う場所の事を指す。
 広義では鉱物に加えて採石場、石切場などを加えたものが鉱山と言える。
 
 
 部品: 採鉱とは
 採鉱とは鉱山に点在する鉱床から鉱石を採掘する事を指す。この時に採られる方法により、必要とされる装備は異なる。
 
 
 部品: 露天掘り
 資源を掘るために坑道を設けないで地表から順々に掘っていく方法のこと。
 鉱床の規模などの条件で異なるが、一般的には地表近くに存在する場合は露天掘りが採用される。
 
 
 
 部品: 抗道堀り
 地表から坑道を掘り、地表からの採掘が困難な資源を採掘する方法である。
 鉱石がある場所まで深度があり、鉱床規模が小さい場合は抗道を堀って補強し、その中で採掘を行うことになる。
 
 
 部品: 選鉱とは
 選鉱とは採鉱して得た鉱石を選別し、有用な鉱石とそうでない鉱石とを選別することを指す。
 この時採られる方法は対象の鉱石によって様々である。
 
 部品: 手選鉱
 手選鉱とは鉱員の目によって選別する方法のことで、もっとも原始的な選鉱方法である。鉱石部分が目で見てわかるものはいいが、それ以外は別の方法が必要となる。
 
 部品: その他の選鉱法について
 鉱石の比重差を用いた比重選鉱、磁性の違いを利用する磁力選鉱、親水性の違いを利用する浮遊選鉱などがある。
 魔法的な鉱石の場合、魔力のパターンによる選鉱や、発生する石紋などから判別する選鉱方法などもある。
 
 部品: 精鉱
 選鉱で選別された鉱石を精鉱と呼ぶ。ここで選別されたものは次の精錬過程に回されて精錬されることになる。
 いわばアタリの鉱石といっても差し支えないだろう。
 
 
 部品: 尾鉱
 選鉱で有用ではないとされた鉱石を尾鉱と呼ぶ。これらは鉱山周辺に廃棄されることが多い。
 また、これらの中にも少量ではあるが鉱物資源が含まれていることから、二次的な産業として再利用されることもある。
 
 部品: 精錬とは
 精錬とは精鉱を処理して有用な成分を取り出すことを指す。
 火力を用いて溶融、揮発させて抽出する乾式精錬と薬品の水溶液を用いて分解抽出する湿式精錬がある。
 こうして抽出された成分は成形、冷却されて地金となる。
 
 部品: 廃水処理施設の付随
 精錬時に発生する廃水は有毒であることが多く、そのまま流れ出してしまえば公害の原因となりうるため、
 廃水処理を行う必要があるため、それらに対応した施設が設置される。
 
 
 部品: 輸送設備の付随
 精錬した地金を流通させるためには輸送を行わなければならない。
 そのため、鉱山がある場所にはしっかりとした街道が引かれ、流通に支障をきたさないようになっている。
 
 部品: 警備部の設置
 精製された地金は原料としての価値が高い上、資源管理の上での重要性が高い拠点となることから、
 鉱山には警備部が設置されている。
 
 
 部品: 鉱山の町
 働き先があり、街道が敷設されているとなれば自ずとその周囲には町が作られる。
 人が住めば食糧が必要になり、生活必需品も必要となり、休日の娯楽が必要となる。
 こうして町は形作られていくのである。
 
 
 部品: 閉山する場合も
 鉱物資源が枯渇し閉山する場合もあるが、深度が深すぎる、地熱の影響が大きいなどの理由により閉山になる場合もある。
 
 
 部品: 温泉が湧水した場合
 採掘していて温泉が湧水するがある。湯量が多すぎる場合、閉山することになるが、これらの湯を利用して
 無害であることが確認されれば温泉施設へ転換が図られ、場合によっては温泉街が形成されることもある。
 
 
 部品: 排水器具
 抗道では地下水が湧水することがある。これらは排水用の器具を用いて排水が行われる。
 たとえば、もっとも単純な方法では釣瓶を用いて汲みあげる方法や、寸法樋や水上輪などの器具が用いられた。
 ただし発展型の器具が入っていたとしても抗道内での修理は困難を極めるため、釣瓶などによる汲み上げが無くなることはなかった。
 
 
 部品: 鉱山からの搬出方法
 人力や牛馬、軌道、鉄道、トラック、索道などの方法がある。
 規模や文明レベル、鉱山の場所によってとられる方法が異なる。
 
 
 
 

インポート用定義データ

 [
   {
     "title": "鉱山",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "鉱山とは",
         "description": "鉱山とは資源として有用な鉱物を採鉱・選鉱・製錬し、原料として供給する事業を行う場所の事を指す。\n広義では鉱物に加えて採石場、石切場などを加えたものが鉱山と言える。\n",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "採鉱",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "採鉱とは",
             "description": "採鉱とは鉱山に点在する鉱床から鉱石を採掘する事を指す。この時に採られる方法により、必要とされる装備は異なる。\n",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "露天掘り",
             "description": "資源を掘るために坑道を設けないで地表から順々に掘っていく方法のこと。\n鉱床の規模などの条件で異なるが、一般的には地表近くに存在する場合は露天掘りが採用される。\n\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "抗道堀り",
             "description": "地表から坑道を掘り、地表からの採掘が困難な資源を採掘する方法である。\n鉱石がある場所まで深度があり、鉱床規模が小さい場合は抗道を堀って補強し、その中で採掘を行うことになる。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "選鉱",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "選鉱とは",
             "description": "選鉱とは採鉱して得た鉱石を選別し、有用な鉱石とそうでない鉱石とを選別することを指す。\nこの時採られる方法は対象の鉱石によって様々である。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "手選鉱",
             "description": "手選鉱とは鉱員の目によって選別する方法のことで、もっとも原始的な選鉱方法である。鉱石部分が目で見てわかるものはいいが、それ以外は別の方法が必要となる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "その他の選鉱法について",
             "description": "鉱石の比重差を用いた比重選鉱、磁性の違いを利用する磁力選鉱、親水性の違いを利用する浮遊選鉱などがある。\n魔法的な鉱石の場合、魔力のパターンによる選鉱や、発生する石紋などから判別する選鉱方法などもある。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "精鉱",
             "description": "選鉱で選別された鉱石を精鉱と呼ぶ。ここで選別されたものは次の精錬過程に回されて精錬されることになる。\nいわばアタリの鉱石といっても差し支えないだろう。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "尾鉱",
             "description": "選鉱で有用ではないとされた鉱石を尾鉱と呼ぶ。これらは鉱山周辺に廃棄されることが多い。\nまた、これらの中にも少量ではあるが鉱物資源が含まれていることから、二次的な産業として再利用されることもある。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "精錬",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "精錬とは",
             "description": "精錬とは精鉱を処理して有用な成分を取り出すことを指す。\n火力を用いて溶融、揮発させて抽出する乾式精錬と薬品の水溶液を用いて分解抽出する湿式精錬がある。\nこうして抽出された成分は成形、冷却されて地金となる。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "廃水処理施設の付随",
         "description": "精錬時に発生する廃水は有毒であることが多く、そのまま流れ出してしまえば公害の原因となりうるため、\n廃水処理を行う必要があるため、それらに対応した施設が設置される。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "輸送設備の付随",
         "description": "精錬した地金を流通させるためには輸送を行わなければならない。\nそのため、鉱山がある場所にはしっかりとした街道が引かれ、流通に支障をきたさないようになっている。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "警備部の設置",
         "description": "精製された地金は原料としての価値が高い上、資源管理の上での重要性が高い拠点となることから、\n鉱山には警備部が設置されている。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "鉱山の町",
         "description": "働き先があり、街道が敷設されているとなれば自ずとその周囲には町が作られる。\n人が住めば食糧が必要になり、生活必需品も必要となり、休日の娯楽が必要となる。\nこうして町は形作られていくのである。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "閉山する場合も",
         "description": "鉱物資源が枯渇し閉山する場合もあるが、深度が深すぎる、地熱の影響が大きいなどの理由により閉山になる場合もある。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "温泉が湧水した場合",
         "description": "採掘していて温泉が湧水するがある。湯量が多すぎる場合、閉山することになるが、これらの湯を利用して\n無害であることが確認されれば温泉施設へ転換が図られ、場合によっては温泉街が形成されることもある。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "排水器具",
         "description": "抗道では地下水が湧水することがある。これらは排水用の器具を用いて排水が行われる。\nたとえば、もっとも単純な方法では釣瓶を用いて汲みあげる方法や、寸法樋や水上輪などの器具が用いられた。\nただし発展型の器具が入っていたとしても抗道内での修理は困難を極めるため、釣瓶などによる汲み上げが無くなることはなかった。\n",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "鉱山からの搬出方法",
         "description": "人力や牛馬、軌道、鉄道、トラック、索道などの方法がある。\n規模や文明レベル、鉱山の場所によってとられる方法が異なる。\n\n",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-15 (火) 21:28:57 (37d)