<人騎兵・妖精号の開発>

#新記述
L:人騎兵・妖精号の開発 = {
 t:名称 = 人騎兵・妖精号の開発(イベント)
 t:要点 = 一般性能要求:{
  妖精号は魔術師が扱う10m級の人騎兵であり、魔術師を守る騎士とともに搭乗することで、生残性をあげたモデルである。
魔術印を組む内腕と、剣を振るい盾を使う外腕からなる双面の美しい機体で、芸術品として各部に意匠が振るわれている。量産はされておらず、ソウ王家にひっそり眠っていた。
目立った機動力はないが、これは瞬間移動を行うことができるためである。

なお、松井いつかは妖精号としてママチャリをデザインしているが、これは本物ではなく、おまけである。

 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *人騎兵・妖精号の開発のイベントカテゴリ = ,,個人イベント。
  *人騎兵・妖精号の開発の位置づけ = ,,生産イベント。
  *人騎兵・妖精号の開発の内容 = ,,このイベントを取得した個人は、個人用の妖精号(人騎兵)の作成を行うことができる。作成したものにあわせてアイドレスが作成、公布される。
 }
 t:→次のアイドレス = なし

#旧記述
L:人騎兵・妖精号の開発 = {
 t:名称 = 人騎兵・妖精号の開発(イベント)
 t:要点 = 一般性能要求{
 妖精号は魔術師が扱う10m級の人騎兵であり、魔術師を守る騎士とともに搭乗することで、生残性をあげたモデルである。
魔術印を組む内腕と、剣を振るい盾を使う外腕からなる双面の美しい機体で、芸術品として各部に意匠が振るわれている。量産はされておらず、ソウ王家にひっそり眠っていた。
目立った機動力はないが、これは瞬間移動を行うことが出来るためである。

なお、松井いつかは妖精号としてママチャリをデザインしているが、これは本物ではなく、おまけである。

 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *人騎兵・妖精号の開発のイベントカテゴリ = 個人イベントとして扱う。
  *人騎兵・妖精号の開発の位置づけ = 生産イベントとして扱う。
  *このアイドレスを取った国は、(個人)人騎兵の妖精号の開発を行うことが出来る。
  *設定とイラストにあわせて提出すると、性能開示がなされます。
 }
 t:→次のアイドレス = なし


イベント作成物

解説


ギャラリー


派生ルート

次のアイドレス

  • なし

所持藩国または所持者

関連FAQ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-18 (日) 11:23:05 (515d)