<大管理武闘術明鏡止水>

L:大管理武闘術明鏡止水 = {
 t:名称 = 大管理武闘術明鏡止水(絶技)
 t:要点 = 変なポーズ,ゆらめく闘気,沸き上がる無限の力
 t:周辺環境 = 鬼の国
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *大管理武闘術明鏡止水の技術カテゴリ = ,,個人絶技。
  *大管理武闘術明鏡止水の効果 = ,,敵の攻撃をそのまま一度跳ね返す。
 }
 t:→次のアイドレス = 灼熱掌?(絶技),分身(絶技),キノウツンの友を呼ぶ口笛?(技術),大跳躍?(絶技)

#旧記述
L:大管理武闘術明鏡止水(絶技) = {
 t:名称 = 大管理武闘術明鏡止水(絶技)
 t:要点 = 変なポーズ,ゆらめく闘気,沸き上がる無限の力
 t:周辺環境 = 鬼の国
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *大管理武闘術明鏡止水の技術カテゴリ = 個人絶技として扱う。
  *大管理武闘術明鏡止水の効果  = 敵の攻撃をそのまま一度跳ね返す。
 }
 t:→次のアイドレス = 灼熱掌?(絶技),分身(絶技),キノウツンの友を呼ぶ口笛?(技術),大跳躍?(絶技)

解説

 一点の曇りもなく、静止する水のように澄み切った明らかな状態。
 あらゆる邪念や妄想を払い、心を鏡のごとく磨きあげた境地のこと、を明鏡止水と呼ぶ。
 流れの止まった水にこそ、鏡のように映るのである。

 大管理武闘術のそれは、鏡の如き心境によるものか、敵のあらゆる攻撃を反射する絶技である。

 直接の元ネタであるGガンダムでは、明鏡止水の境地に至ることでハイパーモードとなり、
機体性能を大幅に向上させることができる...
――という設定。このことから、反射の効果自体はオリジナルであろうと伺える。
 使用時は全身が黄金色に輝いているかもしれない。

 使用方としては問答無用の反射技なので、敵の必殺技(切り札)などを反射するのがいいだろう。
 絶技なのでゲーム中1回しか使えず1度見たオーマには無効化&コピーされる可能性があり、乱用は避けるべきである。
 反射攻撃はそのままだと成功率50%だが、管理補正を上乗せしたり、f:を通すなどをして、成功にまで持ち込みたい。
 管理補正の上乗せについては、NWCでは「やれそう」との回答を得ているが、実際に使う場合には質疑がいるだろう。

 所持者の小宇宙(管理番長)をミサイルなどに乗せて敵背後に回り込ませ、
リフレクタービットとして背面攻撃に使ってみてもおもしろいかも入れない。

 派生はどれも胸が熱くなるものばかりであるが、実用性なら大跳躍?、ロマンを選ぶなら灼熱拳?だろう。
 元ネタ的には灼熱指ではないのだろうか、と思わないではない。

(2010/06/21 はる)

ギャラリー

haru_meikyousisui.jpg
(絵:はる)

派生ルート

所持藩国または所持者

関連FAQ


添付ファイル: fileharu_meikyousisui.jpg 89件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-03 (金) 00:33:53 (78d)