<天球儀>

#新記述
L:天球儀 = {
 t:名称 = 天球儀(アイテム)
 t:要点 = 天球儀,精密な内蔵機関,アンティークな装飾
 t:周辺環境 = 設置された家
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *天球儀のアイテムカテゴリ = ,,,設置型アイテム。
  *天球儀の位置づけ = ,,,{家具,ショップアイテム}。
  *天球儀の取り扱い = ,,,FFF。
  *天球儀の販売価格 = ,,,10マイル。
  *天球儀の特殊能力 = ,,条件発動,「この施設では、<星見司>のアイドレスを着ているものは星を読み解くことができる」の特殊を持つ家に設置した時のみ、世界の謎に関する函を行う際AR+1が上昇する。
 }
 t:→次のアイドレス = 短期未来予測?(イベント)

#旧記述
L:天球儀 = {
 t:名称 = 天球儀(アイテム)
 t:要点 = 天球儀,精密な内蔵機関,アンティークな装飾
 t:周辺環境 = 設置された家
 t:特殊 = {
  *天球儀のアイテムカテゴリ = ,,,設置型アイテム。
  *天球儀の位置づけ = ,,,家具。
  *天球儀の特殊 = ,,,「この家では、星見司のアイドレスを着ているものは星を読み解くことができる」の特殊を持つ家に設置した時のみ、世界の謎に関する函を行う際AR+1が上昇する
 }
 t:→次のアイドレス = 短期未来予測?(イベント)

解説

詳細ページ
ファンファン・ファーニチャーで販売している家具のひとつ。ひとつ10マイルで購入することが出来る。
その外見にはアンティークな装飾が施され、インテリアとしても利用できるほか、
内蔵された機関により天体が精密に動くため、現在の星の動きを知るものとしても利用できる。星見司にはうってつけの品だろう。

天球儀とは、天球すなわち惑星や恒星の動きを模した模型のことである。
その歴史は古く、記録に残っている歴史上もっとも古い天球儀は、紀元前255年に古代ギリシアのエラトステネスという学者が作ったものまで遡る。
また、現存しているもののなかでは、紀元前150年前後にローマ帝国で彫刻の一部として製作されたファルネーゼ・アトラスというものが一番古い。
現存しているものですら、その歴史は紀元前にまで遡るという長い歴史をもった一品である。

このアイテムは「この家では、星見司のアイドレスを着ているものは星を読み解くことができる」という特殊を持つ家に設置した場合、
世界の謎に関する函を行う際AR+1が上昇する、という特殊効果が発生する。
星見司が天球儀を眺めることで、現在の天体の動きを立体的に読み解くことが出来るためだろう。

派生には、天体の動きから近い将来起こりうる出来事を読み解くのか短期未来予測?というイベントが含まれている。
何か近い将来、気になることがあるのなら開示してみてもいいかもしれない。
(御奉梗斗 10/11/7)

ギャラリー


派生ルート

所持藩国または所持者

関連FAQ

  • [[]]

Tag:
トップに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-24 (土) 23:14:23 (514d)