<RB・流星号改の開発>

#新記述
L:RB・流星号改の開発 = {
 t:名称 = RB・流星号改の開発(イベント)
 t:要点 = 一般性能要求:{
  流星号改の開発は戦後、火星軍の標準装備RBとして開発されたものをにゃんにゃん共和国がI=Dとして改造し、使用しているものである。足回りが改造されたほか、装甲強化、武装見直しが行われたが、火星の海での使用も想定して絶対物理防壁展開機能とウォータージェット能力はそのままだった。
 }
 t:周辺環境 = 海
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *RB・流星号改の開発のイベントカテゴリ = ,,,藩国イベント。
  *RB・流星号改の開発の位置づけ = ,,,生産イベント。
  *RB・流星号改の開発の内容 = ,,,このイベントを取得した国は、その国用の流星号改(RB)の作成を行うことができる。作成したものにあわせてアイドレスが作成、公布される。
 }
 t:→次のアイドレス = なし

#旧記述
L:RB・流星号改の開発発 = {
 t:名称 = RB・流星号改の開発(イベント)
 t:要点 = 一般性能要求{
 流星号改の開発は戦後、火星軍の標準装備RBとして開発されたものをにゃんにゃん共和国がI=Dとして改造し、使用しているものである。足回りが改造されたほか、装甲強化、武装見直しが行われたが、火星の海での使用も想定して絶対物理防壁展開機能とウォータージェット能力はそのままだった。

 t:周辺環境 = 海
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *RB・流星号改の開発のイベントカテゴリ = 藩国イベントとして扱う。
  *RB・流星号改の開発の位置づけ = 生産イベントとして扱う。
  *その国用の流星号改(乗り物)を作成できる。
 }
 t:→次のアイドレス = なし


イベント作成物

解説

 流星号とは、火星独立によって火星海軍に夜明けの船が組み込まれた後に配備された新型RBであり、別名をL級フレームという。ちなみにRBというのは”人形”を改装した機体であるので、当然これにも人形仕様が存在する。H型やJ型といった粗製乱造されたフレームを一新、複殻構造を採用したがっしりしたボディを持ち、脚部は都市船内戦闘を想定して踵指型とされた。
 全長9m、重量38t。カトラス、魚雷、ミサイルなどRBの標準的な武装が装備可能。
 バリエーションとして、二台分のエンジンと腕をつけた複座型「星詠号」が存在する。


 儀式魔術アプローの涙においてイラストが募集され、35名もの技族によるさまざまな外装デザインで製造、共和国のテラ領域各藩国の主力機として使用された。
 流星号改は共和国によってI=Dとして改修されたもので、宇宙/地上用に胸部冷却器が追加され、さらにグラマラスになっている。


設定で共和国と書かれてはいるが、観光地剣士からのルートで帝國でも取得可能である。すべてのルートでカール・ドラケン(及び同一存在)を経由するのは興味深い。


(7/15 GENZ)

ギャラリー


派生ルート

所持藩国または所持者

関連FAQ

  • [[]]

Tag:
トップに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-23 (日) 09:41:53 (479d)