<ワラバーン>

#新記述
L:ワラバーン = {
 t:名称 = ワラバーン(乗り物)
 t:要点 = 機体,足一体型,複数機
 t:周辺環境 = 海中
 t:評価 = 体格11,筋力12,耐久力14,外見10,敏捷16,器用9,感覚0,知識6,幸運6
 t:特殊 = {
  *ワラバーンの乗り物カテゴリ = ,,,RB。
  *ワラバーンの必要パイロット数 = ,,,パイロット1名および{猫士,犬士}のパイロット1名 または {猫士,犬士}のパイロット1名。
  *ワラバーンのパイロット能力補正 = ,,条件発動,(パイロットが{猫士,犬士}1名のみの場合)パイロットの能力評価、2倍。
  *ワラバーンの搭乗資格 = ,,,搭乗可能(RB)。
  *ワラバーンの人機数 = ,,,8人機。
  *ワラバーンのアタックランク = ,,,AR13。
  *ワラバーンの水中白兵距離戦闘行為補正 = 水中白兵距離戦闘行為,,条件発動,(水中における白兵距離での)攻撃、自動成功。
  *ワラバーンの水中遠距離戦闘行為補正 = 水中遠距離戦闘行為,,条件発動,(水中における遠距離での)攻撃、評価+3。
  *ワラバーンの水中防御行為補正 = 水中防御行為,,任意発動,(水中における)防御、自動成功。AR−3。
 }
 t:→次のアイドレス = 人形・士翼号の開発?(イベント),RB・H級フレームの開発?(イベント),未来予知能力者(職業),潜水艦・シールドシップの建造(イベント)

#旧記述
L:ワラバーン = {
 t:名称 = ワラバーン(乗り物)
 t:要点 = 機体,足一体型,複数機
 t:周辺環境 = 海中
 t:評価 = 体格11,筋力12,耐久力14,外見10,敏捷16,器用9,感覚0,知識6,幸運6
 t:特殊 = {
  *ワラバーンの乗り物カテゴリ = RBとして扱う。
  *ワラバーンは水中専用である。
  *ワラバーンはパイロット1人+猫士/犬士を載せても良い。(もしくは猫士/犬士1だけでもよい。この単独猫士/犬士は性能評価二倍で扱う)
  *ワラバーンは水中遠距離戦闘行為ができ、この時、これら攻撃判定は評価+3される。
  *ワラバーンは水中白兵戦闘行為ができ、この時、攻撃は必ず成功する。
  *ワラバーンは水中防御行為ができ、この時、防御は必ず成功する。ARを3使う。
  *ワラバーンの人機数 = 8人機として扱う。
  *ワラバーンのアタックランク = ARは13として扱う。
 }
 t:→次のアイドレス = 人形・士翼号の開発?(イベント),RB・H級フレームの開発?(イベント),未来予知能力者(職業),艦船・シールドシップの開発?(イベント)

解説

詳細ページ

土場藩国で収得され、全藩国参加イベントとして開発コンペションが行われた帝国版F級フレーム。
デザインはFEGのヴァンダナ氏によるもので、工数が多いという開発要綱を逆手にとってか高級機的なイメージに仕上がっている。
ワラバーンという名はスケッチブックなどに使用されるワラバン紙をもじったもので、格好よさと可笑しさを両立させた土場藩国らしいネーミングである。

最大の特徴は全藩国収得扱いになっているため、帝國の全ての藩国で生産できること。
集団運用が基本のRBにおいて生産性は重大な問題となるため、この一点においてもこの機体は傑作機の資質十分と言っても過言ではないだろう。
同じくF級フレームである藍翼号と比較すると、評価面では装甲でごく僅かに劣り、敏捷に優れる。
また藍翼号はAR7であれば地上でも活動できるが、こちらは純然たる水中専用。
人機数も8人となっており整備性も悪化、汎用性の点では見劣りする。
しかし、AR13に上がっているARはそれを補って余りあるフォローとなるであろう。
この数字は攻撃の手が1手増えることを意味しており、
10という歩兵並みのARで争われるであろうRB戦では絶大なアドバンテージとなるからである。

派生は基本的に藍翼号と同じだが、唯一異なっているのが士翼号のカテゴリが人形となっている点。
こちらの場合は宇宙戦仕様となると思われる。

(081009 A・フィーリ・時雨)

ギャラリー

f-flame.jpg

派生ルート

所持藩国または所持者

関連FAQ


添付ファイル: filef-flame.jpg 289件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-23 (日) 11:38:41 (485d)