<決戦号>

#新記述
L:決戦号 = {
 t:名称 = 決戦号(ACE)
 t:要点 = オプションが大きい,戦闘機,9m
 t:周辺環境 = 空
 t:評価 = 全能力22
 t:特殊 = {
  *決戦号のACEカテゴリ = ,,,逗留ACE。
  *決戦号の乗り物カテゴリ = ,,,{航空機,宇宙艦船}。
  *決戦号の位置づけ = ,,,艦船系。
  *決戦号の航路数 = ,,,2航路を移動できる
  *決戦号のアタックランク = ,,,AR20。
  *決戦号の必要パイロット数 = ,,,パイロット2名。
  *決戦号の対空戦闘行為補正 = 対空戦闘行為,,条件発動,(対空戦闘での)攻撃、評価+3。
  *決戦号の遠距離戦闘行為補正 = 遠距離戦闘行為,,条件発動,(遠距離での)攻撃、評価+3。
  *決戦号の基本オプション装備1 = ,,,基本オプションとして<決戦号の対空ミサイル>8個を装備できる。
  *決戦号の基本オプション装備2 = ,,,基本オプションとして<決戦号の爆弾>4個を装備できる。
  *決戦号の基本オプション装備3 = ,,,基本オプションとして<決戦号のブースター>1個を装備できる。
 }
 t:→次のアイドレス = 決戦号の量産?(イベント),撃墜王(職業),突撃ブースター?(アイテム),兵装コンテナ?(アイテム)

L:決戦号の対空ミサイル = {
 t:名称 = 決戦号の対空ミサイル(定義)
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *決戦号の対空ミサイルの定義カテゴリ = ,,,基本オプション。
  *決戦号の対空ミサイルのイベント時燃料消費 = ,,条件発動,(戦闘イベント参加時)燃料−1万t。
  *決戦号の対空ミサイルの対空戦闘行為補正 = 対空戦闘行為,,条件発動,(対空戦闘での)攻撃、評価+1。敵が射程に入ると自動で1回の対空戦闘行為ができる。
  *決戦号の対空ミサイルの初期AR修正 = ,,,AR−1。
  *決戦号の対空ミサイルの使用回数 = ,,,使用回数(1回)。
 }

L:決戦号の爆弾 = {
 t:名称 = 決戦号の爆弾(定義)
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *決戦号の爆弾の定義カテゴリ = ,,,基本オプション。
  *決戦号の爆弾のイベント時燃料消費 = ,,条件発動,(戦闘イベント参加時)燃料−1万t。
  *決戦号の爆弾の遠戦闘行為補正 = 遠距離戦闘行為,,条件発動,(遠距離での)攻撃、評価+2。敵が射程に入ると自動で1回の遠距離戦闘行為ができる。
  *決戦号の爆弾の初期AR修正 = ,,,AR−1。
  *決戦号の爆弾の使用回数 = ,,,使用回数(1回)。
 }

L:決戦号のブースター = {
 t:名称 = 決戦号のブースター(定義)
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *決戦号のブースターの定義カテゴリ = ,,,基本オプション。
  *決戦号のブースターのイベント時燃料消費 = ,,条件発動,(戦闘イベント参加時)燃料−1万t。
  *決戦号のブースターの航路数 = ,,,単独で1航路移動することができる。
  *決戦号のブースターの使用回数 = ,,,使用回数(1回)。
 }

#旧記述
L:決戦号 = {
 t:名称 = 決戦号(ACE)
 t:要点 = オプションが大きい,戦闘機,9m
 t:周辺環境 = 空
 t:評価 = 全能力22
 t:特殊 = {
  *決戦号のACEカテゴリ = 逗留ACEとして扱う。
  *決戦号はパイロット2名を必要とする。
  *決戦号の艦船カテゴリ = 航空機、宇宙艦船として扱う。2航路を移動できる
  *決戦号のアタックランク = AR20として扱う。
  *決戦号は対空戦、遠距離戦行為が出来、この時修正+3を得る。
  *決戦号は以下のオプションを装備できる。全てのオプションは1回きりの使い捨てで、1個につき燃料1万tを消費する。編成時に消費すること{
・対空ミサイル 敵が射程に入ると自動で一回の対空戦が出来、その間、対空評価+1になる。AR−1(最大8発装備可能)
・爆弾 敵が射程に入ると自動で一回の遠距離攻撃が出来、その間、遠距離戦闘評価が+2になる。AR−1(最大4発装備可能)
・ブースター 単独で1航路移動することが出来る。

 }
 t:→次のアイドレス = 決戦号の量産?(イベント),撃墜王(職業),突撃ブースター?(アイテム),兵装コンテナ?(アイテム)

同一存在

解説

旧・伏見藩国……現・星鋼京が取得した決戦号の開発より生まれたACE。当初は分類は乗り物であったが最終的にはACEに。
一般性能要求では人型ということであったが、何故か分類は航空機と宇宙艦船。
なんというか、蒼穹号に非常に類似していると言えなくも無い。能力的にもフェイク3などのオプションを付けられる蒼穹号といったところである。
なお、設定的には帝國本土より拝領したものである。

またACEであるが単独で行動ができない所も特徴である。
起動には必ずパイロット2名が必須である……これはパイロットの修正をこの評価値に乗せる事が出来るという反面、
蒼穹号、あるいは蒼龍号のように自動で出撃して迎撃してくれるようなことは無い。
もっともACEを配置することで自動で動いてくれるのかもしれないが……
なお、実際にACEと二人乗りなどを行う場合、個人騎士団*2で100マイルもの編成費用が取られるので非常に実用的ではない。

評価値的には単体で遠距離、対空、共に瞬間最大で33まで出る。
あくまで瞬間最大と称したのは装備している分量を自由消費できるからであり、
特に宇宙などで必要最低限の評価値を出せば倒せる相手と何度も戦うときなどは、細かく使用していく方が効率が良い。
また、自動迎撃系能力なので遠距離からのヒット&アウェーなどを行うと非常に強い。

次の派生は、そんな決戦号を量産する決戦号の量産?と、30万根源力の強力職である撃墜王がある。
残り2つは突撃ブースター?兵装コンテナ?だが、これらは蒼龍号と同様のものであろう。
もっとも、個人ACEと違い、藩国アイドレス枠を消費してまで取得する必要性があるかと言われれば微妙なところである。

詳細ページ

(セタ・ロスティフンケ・フシミ 12/26)

ギャラリー

top.jpg

派生ルート

保持藩国

FAQ

コメント

Tag:


添付ファイル: file20080114_07.jpg 64件 [詳細] filetop.jpg 116件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-17 (月) 01:12:05 (791d)